映画監督を目指す人のための情報まとめサイト

>

映像を学べる学校について

映像を学べる学校の探し方

映像を学ぶことの出来る学校は、主に美術系の大学や専門学校です。
中には、映画専門のカリキュラムを用意しているところもあります。
「映像学科」「映画学部」といった単語で検索すると、探しやすいです。

映画専門の学校ではない場合、映画とは少し違った内容の講義を受けることもあります。
特に大学はCMや写真など、映画以外の映像作品についても一通り学ぶカリキュラムになっている可能性が高いです。
それらの経験を映画に活かせることもあるため、映画以外の分野を幅広く学べるのは利点です。
しかし、自分の学びたい内容が絞られている場合は、映画に特化している専門学校を選択し、しっかり技術を身に着けるのも手です。

どちらの方が自分に向いているのか、考えておきましょう。

学校ごとの違いや注意点

映像を学べる学校はいくつもあり、何を基準に選べば良いのか、悩んでしまう人もいるでしょう。

まず目を向けるべきなのは、学校の環境です。
十分な機材やスタジオが備え付けられているのか、確認しておきましょう。
学生の内は、高額な撮影機材やスタジオを自分で用意するのは困難です。
機材を実際に触って勉強出来るのは、非常に良い環境と言えるでしょう。

また、どんな教授がいるのかも重要です。
出来る限り、映画監督経験のある教授が在籍している学校をお勧めします。
映画監督の仕事に一番詳しいのは、実際に映画を制作・公開した経験のある人です。
作品制作について相談できる存在が身近に居れば、非常に心強いでしょう。
就職や映画監督になるまでの経歴についても、詳しく聞くことが出来るでしょう。


この記事をシェアする