映画監督を目指す人のための情報まとめサイト

>

映画監督になるには

映画監督になるには?

映画監督になるまでのプロセスは、一般的な職業と大きく異なり、様々なパターンがあります。
まず始めに、映画作品の作り方を学ぶ必要があります。
カメラなどの機材や、動画を編集するためのソフトの使い方を覚えることは、映画を作る上で必須のスキルです。

学校で基本的な技術を学んだあと、映画関係の会社に就職し、修行を積んでから監督になるというルートが一般的なようです。
学生の内に自主的に映画を製作・公開した作品が評価され、監督としてデビュー出来ることもあります。
自分をアピールする良い機会なので、コンクールなどには積極的に参加してみましょう。

映画監督になるまでの道は、人によって様々です。
しかし、制作に必要な技術を身に着けるためには、映像関連の学校で学ぶのが効率的でしょう。

映画が完成するまで

映画は総合芸術と言われるように、映像や音楽など、あらゆる要素が絡み合って作られています。
制作する際は、出演者やロケ地・セリフ・音楽・演出など、考えなければいけない事が沢山あります。
複雑な構成になっているため、膨大なお金と時間をかけ、多くの人の協力によって完成するものです。

始めにシナリオを考え、脚本を作り、絵コンテ等を用いて具体的なイメージを固めていきます。
次にキャストや撮影場所を探し、衣装や道具を集めて、予算を考えます。
スタッフを用意し、やっと撮影を開始します。
必要な素材を撮り終えた後は、編集作業に入ります。
監督は、これらの作業工程すべてに関わり、責任を持つ存在です。

映画監督という職業について、しっかり把握しておきましょう。


この記事をシェアする