映画監督を目指す人のための情報まとめサイト

映画監督を目指す人が学ぶ学校あれこれ

映画監督への道のりと映画の作り方

映画監督は一般的な職業と違い、その仕事に就くまでの道のりは様々です。
どこかの会社に就職すれば必ずなれるとか、資格が必要なものでもありません。
中には全く別の職業から映画監督になったり、大学や専門学校では学ばず、高卒で映画を撮っている人もいます。
そのためどんな学校へ行けば良いのか、何を学べばよいのか、分かりづらいものです。

映画監督を目指すのであれば、まず映画の制作方法を知っておかなければいけません。
カメラやマイクといったの撮影機材の使い方や、撮影を進めていく段取りが分からなければ、映画を製作することは難しいでしょう。
作品を完成させるには、映像や音を編集する技術も必要となります。

さらに映画の制作には、沢山の人の協力を必要とします。
俳優は勿論のこと、カメラマンや音響係など、多くの人手が無ければ撮影は成り立ちません。
そのため、コミュニケーション能力を高め、人脈を広げることが非常に重要になってきます。
学校は基本的な技術を学ぶだけでなく、多くの人と関わることの出来る場です。
人脈を広げておくことで、映画業界へ入るチャンスはグッと広がります。

また、せっかく学校へ通うのであれば、学校の設備や環境をフルに活用したいものです。
何を学びに学校へ行くのか、どんな仕事に就きたいのか、じっくり考えてみましょう。

このサイトでは、映画制作に関する基本的な情報や、映画監督になるために知っておきたいこと、学校の選び方、学校で学ぶべき事柄をまとめました。